So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

スギ花粉症の舌下減感作治療薬の開発準備を開始へ―鳥居薬品

 鳥居薬品は3月11日、スギ花粉エキスの舌下投与による減感作治療薬の開発準備を開始すると発表した。剤形の検討を含め、開発の実施が正式に決まれば、年内にフェーズ3試験を行う予定。 減感作療法は花粉症の根治的治療法。アレルギーの原因であるアレルゲンを含有するエキスを低濃度・少量から投与し、徐々に増量、高濃度へ移行させ、アレルゲンに対する過敏性を減弱させる。鳥居薬品によると、現在は注射でのみ行われているが、治癒までに3年程度かかるほか、治療初期には週1、2回の投与が必要で、その都度通院しなければならないなど、患者負担が大きい。自宅での服用が可能な舌下投与の治療薬では、治癒までに注射と同様の年数が必要になる可能性はあるものの、通院回数が少なくなるなど利便性が向上するという。 鳥居薬品は、注射の減感作治療薬として、スギ花粉を含めブタクサ花粉など13種類を持つが、スギ花粉以外の舌下投与による治療薬の開発の検討については未定としている。 舌下減感作療法をめぐっては、東京都が昨年10月、花粉症対策の一環として、東京都臨床医学総合研究所と日本医科大に委託した臨床研究結果を発表した。 臨床研究では、鳥居薬品の注射のスギ花粉エキスを食パンの小片に滴下し、2分間舌下に入れた後、吐き出した。投与期間は2年間で、治療初期は毎日投与、最終的に2週間に1回の投与を行った結果、研究終了時点の協力患者142人の約7割で症状が消失または軽減し、効果が認められたという。 企業での実用化を目指し、都が研究結果を東京医薬品工業協会に紹介したところ、当初は反応がなかったが、最終的に鳥居薬品が名乗りを上げたという。【関連記事】花粉症改善に「舌下減感作療法」花粉症による精神的負担、「10万円以上」が14%日本人の3割超が花粉症アレルギー対策の方向性、新たな検討会でタクシー会社が「花粉症通院休暇」導入へ

YOSHIKA 名曲『let go』含むライブベストリリース決定!

写真拡大 1月にニューアルバム『REDWOOD TREE』をリリースしたばかりの実力派女性シンガー YOSHIKAから早くも新作&イベント出演情報が到着。3月24日に名曲『let go』も収録したライブベストアルバム『I SING -LIVE BEST-』をリリースし、4月9日には子宮頸がん予防啓発プロジェクトのキックオフイベントに出演します! 彼女は今の気持ちを込めるべく“ライブ”ベストアルバムの制作に着手。かつて「Sony Cyber-shot」CMソングとして話題となった『Jolie』がボサノヴァverになったり、m-floのlovesアーティストとしてヒットさせた『let go』を生まれ変わらせたりと、YOSHIKAの歴史を最新のボーカルとアコースティックアレンジで聴かせる作品が完成しています。R&Bシンガーという枠組みを飛び越えた現在の彼女の声にぜひ触れてみてください。 また、彼女は、TOKYO FM開局40周年記念イベントであると共に、子宮頸がん予防を啓発するプロジェクトの一環として行われるイベント【Hellosmile Live2010】に出演。一児の母でもあるYOSHIKAは真剣に「音楽を通じてより多くの人に啓発できることがあれば」という想いをもって参加します。他にも伊藤由奈、BENI、Love、leccaという豪華アーティストの出演が決まっていますので、こちらもお見逃しなく。◎アルバム『I SING -LIVE BEST-』2010 03.24 RELEASEGTCA-30 2,100円(tax in.)収録曲:01.ALWAYS LOOK ON THE BRIGHT SIDE OF LIFE - Intro -02.happiness03.ただそれだけのこと04.Believe05.水06.Call Me07.(Medley)Waterfalls 〜 Touch(Short Version)08.Straight Ahead(Short Version)09.World10.Someday11.(Medley)Just Us 〜 Beautiful Woman 〜 Go For It!12.Jolie13.let go - In Girl's ? -14.REDWOOD TREE - Outro -◎イベント【Hellosmile Live2010】04.09(金)JCBホール出演:伊藤由奈、BENI、YOSHIKA、Love、leccaOPEN 18:00 / START 19:00チケット:4,500円(tax in.)※3歳以上有料チケット発売日:3月20日(土)info:キョードー横浜 TEL 045-671-9911<[NEWS] 『let go』でお馴染みYOSHIKA アルバムリード曲のミュージッククリップでおばあちゃんに!?>http://www.hotexpress.co.jp/news/100108_yoshika/<[NEWS] 癒し系シンガー YOSHIKA ニューアルバムで新しいJ-POPに挑戦!?>http://www.hotexpress.co.jp/news/091214_yoshika/<[INTERVIEW] YOSHIKA「分かり合えない人にも守りたいものがある」>http://www.hotexpress.co.jp/interview/yoshika_081224/<[NEWS] YOSHIKA 待望のアルバム&X'masソングリリース!>http://www.hotexpress.co.jp/news/081217_yoshika/<YOSHIKA オフィシャルサイト>http://www.yoshika.info/

山口淳氏による著書「ヘミングウェイの流儀」が発売されました。

ライター、エディターとしてメンズ誌を中心に活躍する山口淳氏。ファッションやプロダクトの本質を突く、真摯な取材姿勢と実体験に基づいたリアリティで、文章に圧倒的な説得力を持たせることで高名なプロフェッショナルです。そんな氏がこの度上梓した書籍が「ヘミングウェイの流儀」。タイトルからも分かるように、かの文豪アーネスト・ヘミングウェイを題材にしています。しかし、凡百のヘミングウェイ本と異なり、洋服やプロダクトに独自のこだわりを持っていたという部分を徹底的に掘り下げているのが特徴です。どこかズボラで着るものに無頓着といったステレオタイプのイメージに疑問を呈し、膨大な量の写真や手紙、領収書に至るまでの参考資料を徹底的に分析することで新たな事実を知らせてくれる内容となっています。特徴的なヒゲの変遷や、アバクロのサンバイザーといったお馴染みのものに対する考察はもちろん、IVYルックに紐靴を履いていた時代やジャズスーツを着こなす姿などといった貴重な写真も盛りだくさんの内容となっています。ビーンブーツやバスクシャツなどロングセラーアイテムを結果的に選んできていた審美眼の確かさに改めて感心するだけでなく、イメージと異なるヘミングウェイを楽しめる内容になっているといえるでしょう。ファッション的な文献としても貴重な資料となっているので、服好きにも目を通してもらいたい1冊です。近日中に著者の山口さんにFEATUREへの出演もお願いしています。そちらもご期待ください。ヘミングウェイの流儀(今村楯夫氏との共著)日本経済新聞出版社価格:?1,890(税込み)

ニコン、「Wii」と「YouTube」で動画配信、カメラや半導体の技術を紹介

写真拡大ニコン ライブラリー  ニコンは、3月13日、同社の技術や科学の楽しさを紹介する動画コンテンツの配信を、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」の動画配信サービス「Wiiの間」と、世界最大級の動画投稿サイト「YouTube」で開始した。 今回の取り組みは、話題性、エンターテインメント性の高い「Wiiの間」と「YouTube」を通じ、未来を担う若年層に向けて科学の楽しさを体験する場を提供するとともに、カメラだけではなく、宇宙や半導体、バイオサイエンス関連など、さまざまな分野で同社の技術が活躍していることをアピールするもの。 3月13日から、任天堂「Wii」の動画配信サービス「Wiiの間」の中の「ニコンの間」で、同社の技術を紹介する動画コンテンツを随時配信。 3月13日には、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S1000pj」の一つのパーツに込めた思いや開発秘話を紹介する「イン・ザ・パーツ #002」、3月20日には「ペット写真講座」を公開する予定。 「YouTube」の公式チャンネルは、「ニコン ライブラリー」(日本語)。「Wiiの間」で公開するコンテンツを中心に、同社の幅広い技術を身近に感じられる映像と、事業や製品をさまざまな観点から紹介するコンテンツを随時公開していく。 3月15日には、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD5000」の「イン・ザ・パーツ #001」と、雑誌『Hanako』の感性でワンランク上のブログ写真を撮る「Hanako的写真講座」、半導体の現在・過去・未来を映す「未来科学読本」を公開。3月23日には、先日開催された最新デジカメと周辺機器の展示会「CP+」同社ブースのレポート映像、4月にはデジタル一眼レフの動画撮影機能「Dムービー」で撮影したムービーの公開を予定している。 同社では、これらのコンテンツ展開を通じ、特に若年層のブランド認知を高めるとともに、ブランド価値の向上を図る。【関連記事】売れ筋ランキング【デジタル一眼レフカメラ】よしもとの写真好き芸人、ニコン「COOLPIX S6000」を特設サイトでアピール最新デジカメ・機器の祭典「CP+2010」ニコン、ISO 102400の世界を体験しよう!ニコン初! 下開きバリアングル液晶デジタル一眼、D5000を触ってきたニコン、世界初プロジェクター内蔵のコンパクトデジカメプロジェクター付きカメラを背負って踊りまくる謎の男の子の動画が熱い!

川島海荷主演映画で広末涼子のデビュー曲をUmika as Yamakoがカバー!

写真拡大恋してキラキラ!(C) 2010 アニプレックス/講談社/アスミック・エースエンタテインメント/グッドスマイルカンパニー/ファントム・フィルム 映画『私の優しくない先輩』の主題歌を川島海荷ふんする主人公の西表耶麻子(イリオモテヤマコ)がUmika as Yamakoとして主題歌を担当することがわかった。あくまでキャラクターの西表が歌手デビューするのであって、川島ではないというのがポイントだ。 主題歌は、1997年に広末涼子が歌手デビューを飾った「MajiでKoiする5秒前」のカバー曲。本作のテーマである、恋するきらめき、今の一瞬一瞬をちゃんと生きることの魅力と大切さが描き出されているという理由で同曲の採用が決まった。川島ことUmika as Yamakoは「初めて聞いたときは、とにかくビックリしました! と同時にうれしかったです」とコメント。さらに、前々から歌うことを夢見ていたとも明かし、「この曲は映画の中の主人公・西表耶麻子として歌っているので、そのキャラクターが出るように頑張りました。テンポに合った、明るい気持ちでできたと思います!」と出来栄えに自信たっぷりのようだ。映画のエンディングでは、西表がセーラー服姿で熱唱するほか、出演者らがワンシーンワンカットで登場し、モーニング娘。AKB48などを担当してきた夏まゆみの振り付けによる個性的なダンスを披露する。 本作は、妄想好き純愛を夢見る主人公・西表(川島)が、あこがれの南先輩(入江甚儀)に告白しようと奮闘する妄想青春映画。西表が告白することを決意するきっかけになる、クサくて、キモくて、ウザイ不破先輩に、お笑いコンビ・はんにゃの金田哲がふんしていることでも話題になった。川島のピュアで純粋なヒロインぶりとともに、金田のウザキャラにも注目だ。映画『私の優しくない先輩』は夏休みより全国公開【関連情報】・映画『私の優しくない先輩』オフィシャルサイト・15歳の川島海荷、はんにゃの金田がうざい、キモい、クサい?・15歳、キラキラ美少女・川島海荷の妄想爆発!彼氏は…黒髪の短髪がいい!・はんにゃ金田哲と川島海荷主演のラブコメ『私の優しくない先輩』がクランクアップ!・川島海荷、はんにゃ金田の「海たん」呼ばわりするなれなれしさににドン引き?

中島みゆきの名曲をテーマにした犬童一心テレビドラマ開始

写真は1975年に発表された中島みゆきのデビューシングル「アザミ嬢のララバイ」のジャケット。中島みゆきの「アザミ嬢のララバイ」をテーマ曲にした、毎日テレビ制作による1話完結のオムニバスドラマ「アザミ嬢のララバイ」が4月21日(水)25:20よりスタートする。この番組は「眠る前に見るおとぎ話」「大人向けの子守唄」「ファンタジーに包まれたビターな大人の物語」がコンセプト。疲れて帰宅した女性視聴者を日常から離れたファンタジックな癒しの空間に誘う、ちょっと不思議なラブストーリーを楽しむことができる。番組全体のクリエイティブディレクターを担当するのは、テレビ連続ドラマは初の試みとなる犬童一心。このほか映像作家の手塚眞やテレビドラマ「ブラッディ・マンデイ」の麻生学らが監督を務め、脚本を「死に花」「L change the WorLd」の小林弘利らが手がける。またドラマのキャラクターとして、アートディレクター名久井直子がデザインした女の子・アザミも番組に登場。アザミはどんな女性の中にもある嫉妬深くてちょっと意地悪な部分を凝縮したようなアニメキャラで、番組中でシニカルな言葉を発する。中島みゆきの楽曲をドラマのタイトルにしたことについて、犬童監督は「全編に渡って流れる女性の気持ちや情感を感じさせてくれる歌詞やメロディが欲しかったのです。そんなとき、この曲を聴いた時に感じるグッと来る切なさを思い出したのです。中島さんにしか描けない世界感がそこにはあります」とコメントしている。

交通部長に北川氏 県警人事、新任警視正は4人

 県警(黒木慶英本部長)は15日、地元採用組の最高階級にあたる警視正の人事異動を発表し、同日付で発令した。 交通部長に警務部参事官兼首席監察官の北川秀行氏(59)が就任した。 新任警視正は4人で、生活安全部長に浦添署長の波平明氏(59)、那覇署長に警務部参事官兼警務課長事務取扱の西盛能央氏(59)、沖縄署長に留任の石新政英氏(57)、警務部参事官兼首席監察官に生活安全部参事官兼生活安全企画課長事務取扱の比嘉善雄氏(56)が就いた。 退職は警務部付の仲宗根孝氏(60)、生活安全部長の山入端辰次氏(60)、交通部長の當銘健徳氏(60)、那覇署長の当真嗣邦氏(60)。

自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か−北九州

 15日午後11時20分ごろ、北九州市小倉南区南方の同区自治総連合会長作本亘さん(75)方で、「窓ガラスが割れる音がした」という110番があった。玄関や勝手口のドアに銃弾の跡があり、窓ガラスが割れていた。けが人はいなかった。同区内では指定暴力団工藤会の事務所開設の動きがあり、自治会は暴力団追放運動を進めていた。福岡県警小倉南署は拳銃発砲事件とみて関連を調べている。 同署によると、玄関と勝手口ドアはいずれも道路から見える位置にあり、計6発の弾痕が見つかった。また数発の銃弾が発見されたが、薬きょうは見つかっていないという。 通報した近所の住民は「爆竹が鳴るような音が聞こえ、その後車のエンジン音が聞こえた」と話しており、同署は犯人が発砲後に車で逃走したとみて調べている。 

小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(読売新聞)
スーパーの豚肉に針金=1月には刺し身にも−滋賀県警(時事通信)
携帯電話から全国約600,000件の賃貸マンション・賃貸アパート等の物件情報を検索・比較・お問い合わせが可能な、検索ボックステンプレート「お部屋サーチ」提供可能に。
<民主>子どもの貧困解決へ 有志が議員の会(毎日新聞)
地下鉄サリン 15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。